野球少年は注意が必要!オスグット病について

野球少年は注意が必要!オスグット病について

いわゆる成長痛と呼ばれているもの、それがオスグット病です。

正式名はオスグット・シュラッター病といいます。

成長期の男児によくみられる症状であり、足を酷使することによって脛骨粗面に腫れや膝の痛みを伴います

野球、サッカー、陸上など激しい運動により発症することが多い病気です。

例えば野球をする子供の場合、走り込み、反復運動、ノックなどといった練習を続けることで、筋肉が十分に回復する前に何度も同じ動作を繰り返し行うことで、足に多大な負荷がかかり、オスグット病を発症することがあります。

関連記事

  1. 普段の食事を白米食から玄米食に切り替えるダイエット

  2. 耳鳴りの治療は頭蓋骨の歪みの治療

  3. 足関節の捻挫はスポーツ外傷の中でも多い症状

  4. 腰椎すべり症とは

  5. O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

  6. 慢性肩こりの原因は緊張状態にある