坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは病名ではなく、座骨神経に刺激を受けたことによって痛みやしびれ、張りなどが起こる症状のことをいいます。

症状が出る箇所は腰を含めた腰から下の足先までで、原因として何かしらの病名が挙げられることがほとんどです。

坐骨神経痛の原因として多い病名には腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症などがありますが、他にも喫煙やストレスといった日常生活の積み重ねや特になんの疾患もなく発症してしまう例もあります。

関連記事

  1. 足関節の捻挫はスポーツ外傷の中でも多い症状

  2. ぎっくり腰の対応

  3. O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

  4. 腰椎すべり症とは

  5. 慢性肩こりの原因は緊張状態にある

  6. 普段の食事を白米食から玄米食に切り替えるダイエット