O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

O脚になる要因には、骨盤の歪みや体幹の衰えなどいくつかの理由があるとされていますが、対策方法のひとつとして、靴の中にインソールを入れることが良いといわれています。

体重を支えるための足の負担を、インソールが軽減してくれるとされており、両足に体重を均等に分散させることで、姿勢も自然と正しくなっていき体幹の衰えも改善し、O脚も徐々に改善することが期待されます。
手軽にできる対策方法になりますので、試されてはいかがでしょう。

関連記事

  1. 自律神経失調症の痛み対策

  2. 足関節の捻挫はスポーツ外傷の中でも多い症状

  3. 慢性肩こりの原因は緊張状態にある

  4. 野球少年は注意が必要!オスグット病について

  5. 腰椎すべり症とは

  6. 四十肩とは