ぎっくり腰の対応

ぎっくり腰の対応

まず最初にギックリ腰になってしまったら、
無理して動かしたりせず、労働も極力控えて安静にしましょう
受傷直後に無理をしてしまうと完治までの治療期間が長引いてしまうことになります。

当院にギックリ腰で来院される患者さんの受傷原因で1番多いのは、
中腰位から物を持ち上げた瞬間に傷めたです。
しっかりとしゃがまずに持ち上げてしまったと後悔しております。

2番目に多い原因は、
椅子から立ち上がった瞬間とテーブルの上の物を取ろうとしてほんの少し
前傾姿勢になった瞬間に傷めてしまったという原因
です。

比較的に軽い原因でギックリ腰になってしまった患者さんに共通しているのは、
普段からの姿勢の悪さです。

1年に1回必ずギックリ腰になってしまう経験をお持ちの方々は、
普段の姿勢に気を付けることがとても大切だと思います。

当院ではギックリ腰の患者さんに対して損傷した部分の自然治癒力を高めるために歪んだ背骨を調整します。
調整後は姿勢指導をしっかりして早期回復と予防に努めるお手伝いをさせて頂きます。

 

関連記事

  1. 坐骨神経痛

  2. 四十肩とは

  3. 慢性肩こりの原因は緊張状態にある

  4. 野球少年は注意が必要!オスグット病について

  5. O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

  6. 何度も酷いぎっくり腰になってしまった事がある。