ぎっくり腰の対応

ぎっくり腰の対応

整骨院のぎっくり腰の対応は、患者が医院に入って来た時から始まります。

歩くのが困難な病気なことから、医院に入るとしゃがんで動けなくなる場合がほとんどです。

そのため、それを見ていた看護師が医師に、急患に近い扱いにしてくれるように頼みます。

医師は患者を診察室へ入れ、ぎっくり腰の処置として腰をマッサージしてくれます。

マッサージを終えた後、腰に湿布を貼った後その箇所へテーピングをして固定してくれます。

治療を終えた後は、腰の違和感はすぐにはよくなりませんが、歩行程度なら大丈夫になっていると思われます。