四十肩とは

四十肩とは

四十肩とは、肩の関節の周りに炎症が起こり、肩が痛んだり動かしにくくなる症状を指します。

40代以降に起こることが多いため、このように言われています。原因はよくわかっていません。

腕を動かした時突然するどい痛みを感じ、数日続くことがあります。

この時期を急性期と言い、炎症が激しい状態です。この期間は患部を冷やし、安静にすることが大切です。

急性期を経て慢性期にはいると、痛みは落ち着きはじめますが、腕が動かしにくくなります。

これは急性期に痛みで動かさないようにしている間に筋肉が硬くなってしまったため。

痛みが落ち着いたらゆっくりと動かしてみるようにしましょう。

次第に落ち着いてくると、回復期にはいってきます。

関連記事

  1. 慢性肩こりの原因は緊張状態にある

  2. O脚の対策方法のひとつにインソールを使用

  3. 普段の食事を白米食から玄米食に切り替えるダイエット

  4. 坐骨神経痛

  5. 野球少年は注意が必要!オスグット病について

  6. 自律神経失調症の痛み対策