足関節の捻挫はスポーツ外傷の中でも多い症状

足関節の捻挫はスポーツ外傷の中でも多い症状

足関節の捻挫は、スポーツ外傷の中でも多い症状のようです。

特にバスケットボールはジャンプしたりステップしたり、相手とぶつかり合ったりと激しい動作が多く足を使う競技なので足関節捻挫のスポーツ障害が起こりやすいようです。

症状としては痛み、腫れ、運動痛などがあり、関節の可動域が異常になって本来動かせる関節の角度範囲が狭くなってしまうこともあるようです。

また、足首の疲労骨折のスポーツ障害も少なくないようです。

関連記事

  1. 四十肩とは

  2. ぎっくり腰の対応

  3. 自律神経失調症の痛み対策

  4. 野球少年は注意が必要!オスグット病について

  5. 坐骨神経痛

  6. 普段の食事を白米食から玄米食に切り替えるダイエット